本文へジャンプ                                                         サイトマップ
 HOME 車庫証明申請 遺言書作成 エンディングノート作成 許認可申請 事務所案内 LINK

遺言とは

                    
                       遺言は人としての人生最後の法律行為です。
                       自分の死後に財産をどのようにしたいか、誰に相続させたいかを決める重要な行為です。
                       残された親族の方々の不要な争いを避けるためにも遺言書を作成されることが必要です。
                       相続を争族としないためにも遺言書を残しておきましょう。
                    
                       遺言書作成に関することで、わからない事や、不安なことなどがありましたら、
                       まずはお気軽にご相談ください。




                     @遺言書の種類を決める

                          自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言のどれにするのかを決める。
   
                      A自分の財産の確認
                          土地、建物、預貯金、株式等の有価証券、骨董品等の高価な物などを書き出してみる
    
                     B.相続人が誰になるのかを考える
                          配偶者、子供、親、兄弟姉妹の誰になるのか
   
                     C遺留分を考える
                          配偶者、子供、親には遺留分がありますので注意が必要です。
   
                     D遺言執行者を決める
                         遺言の内容に従って手続してくれる人のことです。
                          決めておかないとせっかくの遺言もうまく実行できない可能性があります。


遺言の方式の種類と特徴


   自筆証書遺言 公正証書遺言  秘密証書遺言 
 作成方法 @遺言者が全文を
 自分で筆記する。
※財産目録等はパソコン等で作成することができるようになった

A遺言者が署名、押印
@内容を公証人に口授し
 公証人が筆記する。
A遺言者+証人2人が
 署名押印
@遺言者が署名押印し作成 した遺言書(ワープロ等での 作成可能)を封筒に入れ、
 遺言書に押印した印鑑と
 同様の印鑑で封印する。 
Aその遺言書を公証人と
 証人2人の前に提出する。
B自分の遺言である旨、氏名 住所を申述する。
C封筒に遺言者、証人2人の
 署名・押印
D公証人が署名・押印
 証人  不要  2人必要  2人必要
 印鑑  認印も可能   遺言者:実印
 証人 :認印も可能
 認印も可能
 保管  遺言者が保管  原本は公証役場が保管
遺言者には正本と謄本を交付
 遺言者が保管
 検認  必要  不要  必要

それぞれの遺言のメリット・デメリット


                         @自筆証書遺言
                                
                        メリット   
                         ・自分一人で簡単に作成できる
                         ・費用がかからない。
                         ・遺言の内容と存在を秘密にできる。

                        デメリット 
                         ・方式の不備で無効となることがある。
                         ・内容の解釈で問題になるおそれがある。
                         ・紛失や改ざんのおそれがある。
                         ・遺言書が発見されないおそれがある。

                          A公正証書遺言
                                 
                        メリット
                         ・公証人のチェックがあるため無効になる心配がない。
                         ・内容の解釈で問題になる可能性が少ない。
                         ・原本が保管されるため、紛失や改ざんの心配がない。
                         ・遺言書の存在を検索できるため、発見されない心配がない。

                        デメリット
                         ・費用がかかる。 
                         ・公証人への依頼、証人の確保などが必要である。
                         ・公証人と証人に遺言の内容が知られる。

                           B秘密証書遺言

                        メリット
                         ・遺言書自体は自書したものでなくてもよくワープロで作成したり、
                          代筆してもらったものでも作成できる。
                         ・他人に遺言の内容を秘密にできる。
                         ・公正証書遺言にくらべて、費用が安価である。

                        デメリット
                         ・方式の不備で無効になることがある。
                         ・紛失や改ざんのおそれがある。
                         ・遺言書が発見されないおそれがあるため、保管場所に注意が必要である。


費用と報酬

                          料金はその内容や手続によって異なります。
                          具体的にお話しをお伺いしてお見積りさせて頂きます。

                          遺言書作成のことでわからない事や、不安なことなどがありましたらお気軽にご相談ください。


Copyright (c) 2010   長澄行政書士事務所 All Rights Reserved